【リスペクト】面白くないの?感想&ネタバレ

リスペクト感想 洋画
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

2021年11月5日【リスペクト】が公開されました。

かずやん
かずやん

アレサ・フランクリン自身が2018年8月の死の直前まで関わってきたプロジェクト『リスペクト』がやっと観れる!

なんか、むかついた、気分悪い、とかいう評判を見たよ。

かずやん
かずやん

えーーーっ、楽しみにしていたのに、面白くないのかなぁ。。。

「リスペクト」は本当につまらないのか?
この目と耳で確かめようと 筆者が、さっそく劇場で見てきました。

リスペクト鑑賞

あくまでも、私の見解にはなりますが、
「リスペクト」は 面白くないのか?面白いのか??

お話させていただきます。

ネタバレ含むので、これから映画を見る人はご注意くださいね。

スポンサーリンク

【リスペクト】ストーリー

公式サイトでも紹介されているストーリーは次の通りです。 現時点では、これ以上のことを話さないようにしますね。

私を輝かせるのは、この“声”。 少女のころから抜群の歌唱力で天才と称され、煌びやかなショービズ界の華となったアレサ(ジェニファー・ハドソン)。しかしその裏に隠されていたのは、尊敬する父(フォレスト・ウィテカー)、愛する夫(マーロン・ウェイアンズ)からの束縛や裏切りだった。極限まで追い詰められる中、すべてを捨て自分の力で生きていく覚悟を決めたアレサは、ステージに立ち観客にこう語り掛ける。

「この曲を、不当に扱われている全ての人に贈ります」 自らの心の叫びを込めたアレサの圧倒的な歌声は、やがて世界を歓喜と興奮で包み込んでいく――。

【リスペクト】感想&ネタバレ

*ネタバレ含むのご注意ください

アレサ・フランクリンの幼少時代から始まる「リスペクト」

アレサ・フランクリンの子供時代を演じる
子役の『スカイ・ダコタ・ターナー』の歌唱力に度肝を抜かれた!

母親との音楽で会話するシーンは、本当に圧巻だった。

母親は映画の途中で死んじゃうんだけど、
後半のキーポイントにもなるので、注意が必要な人物。

アレサ・フランクリンが生きた時代は、
アメリカの公民権運動と重なる時代なので、
アメリカの黒人と白人の歴史を知ることにもなっている。

アメリカの黒人と白人の歴史を知るには、

・音楽
・スポーツ

この2つの歴史を見ていけば、わかる部分が多くあるんじゃないかな?

公民権運動が出てくるので、
当然、ルーサー・キング牧師が登場し、
そして葬儀のシーンが出てくるんだけど、

そのルーサー・キング牧師の葬儀の参列者の中に
白人が多数参列していたの。

このあたりの歴史に詳しくないのでアレなんだけど、
ルーサー・キング牧師の実際の葬儀に、白人が参列していたのかなぁ・・・

ちょっと疑問に感じたシーンだった。

「リスペクト」を通じて感じたのは、
教会音楽には、黒人のパワーが絶対必要不可欠だったんだ、ということ。

そして、教会音楽・ゴスペルを世に広めたのは、
アレサ・フランクリンの功績がものすごく大きかった。
むしろ、アレサ・フランクリンが新しい音楽のジャンルを作った、といっても過言ではないくらい。

1972年に録音・リリースされた
「チャーチ・コンサート」というLIVEアルバムが、
アレサ・フランクリンのアルバムで一番売れたアルバムで、
今もなお、売れ続けているということがクレジットで出て、
妙に納得してしまった。

*レコーディングシーン
*LIVEシーン
*教会で歌うシーン

リスペクトの劇中では、
たくさんアレサ・フランクリンが歌うシーンがある。

アレサ・フランクリンが直々に探し、配役を決めた
『ジェニファー・ハドソン』の歌声は、
アレサ・フランクリンに劣らず素晴らしい歌声だった。

そして、僕がジェニファー・ハドソンで一番注目したのが、

歯のキレイさ

歯の白さは当然、歯並びもめちゃくちゃキレイで、
だからこそ、自信を持って、大きな口をあけて歌えるんだと思いました。

余談だけど
アレサ・フランクリンの父親役の『フォレスト・ウィティカー』
色黒の鶴瓶師匠に見えて、仕方なかった笑

表情、雰囲気、
すごく鶴瓶師匠に似ていたと思ったのは僕だけかなぁ。。。

【リスペクト】世間の感想

ネット上の感想も拾ってみました。

本当に、エンドロールは素晴らしい演出でした!! あのエンドロールは、これから真似されるんじゃないかなぁ~

【リスペクト】面白くないの?まとめ

いかがでしたでしょう?

映画を見た、私の答えは

・ ・ ・ ・ ・

「リスペクト」は

感動した!めちゃくちゃ面白かった!!

ゴスペル好き、
ソウルミュージック好き、
ブラックミュージック好き、

なんせ、音楽好きには、たまらん映画だと思いますよ

アレサ・フランクリンを知ってる人も
アレサ・フランクリンを知らない人も

絶対見てほしい映画です!
みなさんもぜひ、劇場で見てくださいね。

そして、劇場で見た人は、 ぜひ感想を教えてくださいね。
特に、父親役の「フォレスト・ウィティカー」が
鶴瓶師匠に重なったという僕の意見に対しての感想をお待ちしてます笑

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事を閉じる前に、応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ