パ・リーグで2019年シーズンに活躍が期待される若手注目選手

パ期待の若手 スポーツ

待ちに待った2019年のプロ野球シーズン到来!

オープン戦も全日程が終了し、12球団それぞれが

3月29日の開幕に向けて、

リーグ優勝・日本一を目指して、最終調整をしている最中ですね。

 

応援チームやライバルチームの分析をしたり、

活躍しそうな選手を考えてみたり、

開幕前のこの時期が、

色々妄想して楽しめる一番楽しい時期ではないでしょうか?

 

色々楽しめるこの開幕前の今、

オープン戦を振り返って、今シーズン活躍してくれそうな

若手選手を私の独断と偏見でピックアップしてみました。

 

若手選手の活躍を色々見るならDAZNがおススメ!

見逃し配信もあるので、いつでもプロ野球観戦が楽しめますよ!!

 

2019年オープン戦最終順位

オープン戦チーム成績

まずは、チーム別のオープン戦の成績を見ておきましょう。

 

1位 広島  8勝4敗4分 

   防御率3.42/打率.242/12本塁打/8盗塁

2位 ソフトバンク 9勝5敗1分

   防御率3.60/打率.245/13本塁打/12盗塁

3位 楽天  7勝4敗3分

   防御率3.27/打率.256/12本塁打/8盗塁

4位 巨人 10勝6敗0分

   防御率3.96/打率.256/19本塁打/12盗塁

5位 オリックス 9勝6敗2分

   防御率2.26/打率.262/12本塁打/19盗塁

6位 ロッテ  6勝7敗1分

   防御率3.73/打率.248/10本塁打/14盗塁

6位 DeNA 6勝7敗4分

   防御率3.48/打率.250/14本塁打/5盗塁

8位 ヤクルト 7勝9敗1分

   防御率4.16/打率.258/17本塁打/20盗塁

8位 中日  7勝9敗3分

   防御率3.23/打率.218/12本塁打/11盗塁

10位 西武  6勝8敗1分

   防御率4.21/打率.242/8本塁打/19盗塁

11位 阪神  5勝11敗1分

   防御率3.83/打率.227/12本塁打/16盗塁

12位 日本ハム 3勝7敗3分

   防御率3.82/打率.261/14本塁打/10盗塁

 

オープン戦の順位がそのままシーズンの順位に直結しないとはいえ、

下位のチームのファンはヤキモキしちゃいますよね。

 

オープン戦のチーム結果はさておき、

オープン戦の個人成績から

2019年に活躍が期待できそうな若手選手を見てみましょう。

 

*オープン戦野手成績のOPSとは

 出塁率+長打率の数値。得点との相関性が強い数値。

 

2019年活躍が期待されるパ・リーグ若手選手・野手編

セ野手編

頓宮裕真内野手(オリックス)ルーキー

オープン戦成績 17試合出場

15安打・2本塁打・打率.259・長打率.397・OPS.703

オープン戦で早くもサードの守備位置を確保。

大学までキャッチャーだったので、

6失策とサードの守備はまだまだ発展途上だが、

オープン戦で2本塁打と期待されていた長打力は大きな魅力。

さらに、2死球と早くも厳しい攻めをされていることからも

プロの投手が認めている証拠ではないだろう?

.260・20本塁打くらいの数字は期待できると思う。

 

<2019年シーズン成績>

シーズン終了後に更新します

 

辰己涼介外野手(楽天)ルーキー

オープン戦成績 14試合

10安打・1本塁打・打率.303・出塁率.378・OPS.833

打率3割超えで、即戦力の期待に違わぬ結果を残した。

打つ方だけでなく、守備・走塁でもハイレベルの活躍をみせ

3拍子揃った好選手であることを早くも証明している。

ドラフト1位の実力をオープン戦同様に

ペナントレースでも発揮してくれるだろう!

 

<2019年シーズン成績>

シーズン終了後に更新します

 

横尾俊建内野手(日本ハム)4年目

オープン戦成績 13試合

13安打・3本塁打・打率.371・出塁率.436・OPS1.122

2018年シーズンは9本塁打を打ち、今年への期待を抱かせた横尾選手。

オープン戦ではその期待に見事に応えた格好で、好成績を残した。

レギュラー不在のセカンドとサード、

どちらかのレギュラーを掴むのではないだろうか?

 

<2019年シーズン成績>

シーズン終了後に更新します

 

藤原恭大外野手(ロッテ)ルーキー

オープン戦成績 14試合

 7安打・0本塁打・打率.219・出塁率.286・OPS.598

打つ方では、プロの洗礼を浴びた格好になったオープン戦。

10三振とまだまだプロの投手に対応できていないように感じたが、

守備では、さすが、と思わせる好捕を連発。

千葉マリン独特の風への対応は改善の余地があるが、

守備に関しては十分及第点ではないかな?

 

9番センターでの開幕スタメンに期待したい!!

 

<2019年シーズン成績>

シーズン終了後に更新します

 

2019年活躍が期待されるパ・リーグ若手選手・投手編

セ投手

今井達也投手(西武)3年目

オープン戦3試合

17回0/3 1勝1敗0セーブ・16奪三振・ 防御率2.12

オープン戦で防御率2.12、16奪三振と結果を残した。

四死球も5つと制球力もアップしている。

かつての甲子園優勝投手が、3年目のシーズンを迎え

開幕ローテーションに入ったことで、いよいよブレイクしそうだ。

 

<2019年シーズン成績>

シーズン終了後に更新します

 

奥村政稔投手(ソフトバンク)ルーキー

オープン戦7試合

8回0/3 1勝0敗0セーブ・5奪三振・ 防御率1.13

ドラフト7位指名のルーキーがケガ人の多い投手陣の救世主になるかも?

そんな期待を抱かせるオープン戦の成績であり、

武器であるストレートの威力。

下位指名ながら、思わぬ掘り出し物になる予感が・・・

 

<2019年シーズン成績>

シーズン終了後に更新します

 

種市篤暉投手(ロッテ)3年目

オープン戦5試合

4回0/3 2勝0敗0セーブ・6奪三振・ 防御率3.00

オープン戦では、被打率.143と抑えることはできた。

 

2年目の2018年シーズン、7試合先発したが、

未勝利に終わったくやしさをバネに、成長がうかがえる。

今シーズンは、念願のプロ初勝利に向けて、きっと活躍してくれるだろう。

 

<2019年シーズン成績>

シーズン終了後に更新します

 

 

まとめ

2019年のオープン戦ではセ・リーグ同様パ・リーグでも

1軍定着だけでなく、レギュラー奪取しそうな若手の活躍が目立った。

西武のルーキー松本投手は病気で開幕は残念なことになったけど、

他にも楽しみなルーキー・若手がたくさんいますね。

 

いよいよ始まる2019年のペナントレース。

どんな活躍をしてくれるのか楽しみです。

 

僕は個人的に

ロッテの藤原選手と、オリックスの頓宮選手に注目です!

セ・リーグの期待の若手はコチラ

タイトルとURLをコピーしました