傷病手当金はうつ病でももらえるけど、受給資格と受給期間があるって知ってますか??

受給条件と受給期間 うつ

ストレス社会

ストレス社会といわれている日本社会においては、

老若男女問わず「うつ病」を発症することが少なくありません。

 

あなたが会社人で

「大事な仕事を任されているから、どうしても会社に行かなければ…」

と無理をしているようでしたら、思い切って休むことも大切です。

 

しかし、仕事を長期間休むとなれば

休職中のお金のことがやはり心配ですよね。

でも大丈夫です。

休職中でもお金を受け取れる制度「傷病手当金」があります。

傷病手当金は、就労できない日1日につき、

標準報酬日額の2/3が支給されます。

そして、傷病手当金は「うつ病」などの精神疾患においても

受給することができるのです。

 

お金の心配を少しでも減らすために、傷病手当金の制度を利用しましょう。

では、傷病手当金の受給資格や受給期間についてお話していきます。

 

うつ病で傷病手当金を申請するんだけど、受給資格ってあるの?

傷病手当金とは

傷病手当金は、あなたの会社が加入している健康保険組合から給付されます。もちろん、受給対象となる条件、受給資格があります

条件は次の4つ。

すべてに当てはまらないと受給することができないので、注意しましょう。

<条件1>

あなた(被保険者)が社会保険の健康保険加入者であることです。

国民健康保険の加入者や、あなたの健康保険の被扶養者は対象外です。

 

<条件2>

就業不能状態であることです。

就労不能

就業不能とは、病気やケガで仕事に就くことができない状態を意味し、

医師により「就業不能」と診断された場合です。

この時大事なことは、業務外の事由」による病気やケガであることです。

(うつ病が、業務内の事由によるものであれば、

労災認定を受け、「休業補償給付」を受給できることもあります。)

 

<条件3>

傷病により4日間以上、仕事を休んでいることです。

この場合、始めの連続した3日間を「待期期間」と呼び、

4日目以降の仕事を休んだ日数に対して傷病手当が支給されます。

待期期間は、公休、有給、欠勤のいずれかを使います。

ここで重要なのが、待期期間の3日間が連続していることです。

 

<条件4>

休職中に傷病手当金よりも多い給与が支払われていないことです。

会社によっては、休職中でも給与を出す会社もあるようです。

しかし、給与額が傷病手当金よりも多い場合は支給されません

休職中に支給された給与が傷病手当金よりも少ない場合は、

差額分の傷病手当金が支給されることになります。

 

以上が、傷病手当金を受給するための受給資格です。

 

あなたはすべての条件に当てはまりましたか?

当てはまれば、傷病手当金を受け取ることが可能です。

傷病手当金申請書を提出しましょう。

 

うつ病で傷病手当金がもらえるようになった!でもいつまでもらえるの?

期間限定

傷病手当金の申請をして申請が通ると、約1か月後に手当金が支給されます。

ただし、休職期間中毎月受け取るには、

毎月必要書類を健保へ提出しなければなりません。

必要書類は各都道府県の健保のHPからダウンロードできるので、

忘れずに作成・提出しましょう。

(医師に書いてもらう書類が1部あります)

 

私の経験上、2回目以降は、必要書類が健保に届いてから

10~14日後に振り込まれます。

以外に時間がかかるので、余裕持って申請しましょう。

 

休職期間中のお金の心配は傷病手当金で一安心ですね。

でもちょっと待って!

まだ気になることがありますよね?

そうです、「傷病手当金はいつまでもらえるの?」という疑問です。

 

傷病手当金の支給される期間は、

待期期間を経た後の休業して4日目(支給開始日という)から

最長で1年6か月とされています。

また、傷病手当金の受給には時効があり

支給開始日から2年間経過すると、申請する権利がなくなります。

忘れないように受給申請しましょう。

 

まとめ

うつ病でも傷病手当金を支給してもらえることが分かったと思います。

しかし大切なのは、あなた一人でこの問題を解決しようとしないことです。

必ずあなたの会社の上司や担当者に、

「傷病手当金」の申請を考えていることを相談しましょう。

 

申請書には会社の記入欄などがあり、

休職期間中も会社の担当者とコンタクトをとる必要があります。

(ここは我慢が必要です)

少しの我慢で、お金の心配が減るので、割り切ってください。

そして休職期間中は、心身を休めることに専念しましょう。

タイトルとURLをコピーしました