うつ病で傷病手当金を受給するメリットとデメリットのまとめ

傷病手当金のメリット、デメリット うつ

うつ病で辛い思いをしているのであれば、

医師に「就業不能」と診断してもらうことにより、

会社の休職制度を使うことができます。

 

しかし、うつ病とはいえ、休職中の生活費を確保することは、

とても重要な問題です。

 

あなたが会社の健康保険組合に加入していれば、

傷病手当金」を支給してもらうことができます。

傷病手当金は給料(標準報酬月額)の2/3の金額です。

傷病手当金は、確実にあなたの休職中の生活費の心配を軽減してくれます。

 

しかし、「本当に受給して大丈夫?」「デメリットはない?」と

不安な人もいるでしょう。

 

不安に思う人のために、私の経験談も交えて、

傷病手当金を受給することのメリットとデメリットをまとめました。

                                                                       

うつ病で傷病手当金を受給するメリットは?

うつ病で傷病手当金を受給することのメリットは、5点あります。

 

メリット1.申請から約1ヶ月で受給開始

うつ病で就労不能と診断された場合、お金のことを考えて思いつくのが

「傷病手当金」と「休業補償給付」の2つ。

勤務先の業務中に原因があるとき、

労災認定を受ければ「休業補償給付」をもらうことができます。

しかし、「休業補償給付」は受給開始まで、

一般的申請してから6か月~1年程度の時間がかかります。

約1年間、給付金がない状態で生活を維持するのは大変です。

「休業補償給付」に比べて、「傷病手当金」は、

約1ヶ月で給付を受けることができます。

とはいえ、1か月は収入がなくなるので、注意してください。

 

メリット2.給与(標準報酬月額)の2/3の金額が支給される

支給金額は、全国健康保険協会により早見表が作成されています。

例えば・・・

月収30万円の人は日額6,667円、

月収41万円の人は日額13,670円の支給を受けられます。

ちなみに私は勤続19年で休職し、日額10,447円です。

 

就業中に受け取る給料よりは減額されますが、

生活費の助けには十分なりますよね。

 

メリット3.支給期間は最長で1年6か月

支給期間とは、支給開始日から最大で1年6か月であり、

途中で復職し再度休職した場合は延長されることはありません

 

支給期間については、考え方が個人差あるかもしれませんが、

お金の心配をせずにゆっくり療養することができる点は

大きなメリットです。

 

1年6か月最長で支給してもらっても、復職できない場合は?という

心配があると思います。

ちなみに私は、1年6か月最長で受給しましたが、復職できておらず、

現在は失業保険を受給しています。

傷病手当金受給後、失業保険を受給するための手続き方法等に関しては、

後日別記事で説明させていただきます。

 

メリット4.時効が2年間

傷病手当金は、退職した後でも

休職し始めて2年以内ならば申請をすることができます。

 

メリット5.出産手当金との併用も可能

出産のために会社を休んだ時は、

出産の42日前から出産翌日の56日後まで、

健康保険から「出産手当金」が支給されます。

傷病手当金は出産手当金と併用して受給できます。

 

しかし、注意点が1つ。

出産手当金の金額が傷病手当金の額よりも多い場合

出産手当金+(出産手当-傷病手当金)=支給総額となる点です。

 

うつ病で傷病手当金を受給して生じるデメリットってあるの?

うつ病で傷病手当金を受給することのデメリットは、4点あります。

 

デメリット1.受給期間が決まっている

受給期間が1年6か月ある、とメリットでお話ししましたが、

受給期間の1年6か月を過ぎたら支給が停止されてしまいます。

 

1年6か月の受給期間を過ぎると、

いくら就業不能状態であっても支給されません

(私は今この状態です)

休職中も受給期間1年6か月については頭に入れておくことが大切です。

 

傷病手当金が振り込まれたら1~2日中に健康保険組合から

振り込み連絡のハガキが届きます。

届いたハガキの中に、支給の終了が近づくと、●月●までです、と

記載があるので、ハガキはきちんと目を通すことをオススメします。

 

デメリット2.休職中や退職後に会社と連絡を取る必要がある

傷病手当金の申請書には、医師と会社の記入欄があります。

申請書のことで、会社の担当者と連絡を取る必要があるのです。

「うつ病は会社が原因なのに…」と感じ、

このやりとりをストレスに感じてしまうこともあるでしょう。

 

実際私は会社の社長と毎月1回、状況報告の面談をしなければならず、

かなりストレスでした。

原因が会社にあり、社長にあったので、

毎月1回の面談が近づくと、不安と恐怖が襲ってきたことを覚えています。

 

しかし、書類だけの連絡、であれば簡単にできますし、

会社によっては、郵送でやり取りできる場合もあるようなので、

ストレスを感じすぎず、迅速に申請書の手続きを進めましょう。

 

デメリット3.生命保険の審査が通りにくくなる場合がある

保険会社や保険商品によって違いがあるようですが、

生命保険に入る際の審査では、

病歴や給付金の受給期間などを調べるため、審査に影響します。

 

もし、新しい生命保険への加入を検討しているようであれば、

傷病手当金の受給前に加入手続きを済ませたほうが良いでしょう。

 

デメリット4.国民健康保険には傷病手当金の制度がない

傷病手当金は全国健康保険組合の制度なので、

自営業者などが加入している、国民健康保険からは支給されません

 

自営業者の方、フリーランスの方はご注意ください。

 

まとめ

傷病手当金を受給するときのメリットとデメリットをまとめました。

いかがでしたでしょう?

少し安心できましたでしょうか?

 

うつ病で就労不能状態であれば、ゆっくり休んで療養するのが一番大事です。

休んでいる間のあなたの生活を支えるために

「傷病手当金」の制度があります。

「傷病手当金」は、デメリットを考慮したうえで申請・利用してください。

 

心配事を少しでも減らして、

ゆっくり休んで、

お互い1日も早い回復をめざしましょう!!

タイトルとURLをコピーしました