オモシロくない?

キングスマン:ファースト・エージェントは面白くない?評価&感想&ネタバレ

キングスマン:ファースト・エージェントネタバレ&感想

2021年12月24日に
【キングスマン:ファースト・エージェント】が公開されました。

和貴!
和貴!
ネット上では賛否がかなり分かれてるようだな
 
見方が変われば、ってとこなのかな?
世間の声に振り回されず、自分の目で確かめてみようニャン

「キングスマン:ファースト・エージェント」は本当につまらないのか?
この目と耳で確かめようと、遅ればせながら劇場で見てきました。

あくまでも、私の見解にはなりますが、

「キングスマン:ファースト・エージェント」は 面白くないのか?面白いのか??

お話させていただきます。

ネタバレ含むので、これから映画を見る人はご注意くださいね。

キングスマン:ファースト・エージェント ストーリー

公式サイトでも紹介されているストーリーは次の通りです。
現時点では、これ以上のことを話さないようにします。

──1914年。世界大戦を密かに操る謎の狂団に、英国貴族のオックスフォード公と息子コンラッドが立ち向かう。 人類破滅へのタイムリミットが迫る中、彼らは仲間たちと共に戦争を止めることができるのか? 歴史の裏に隠されたキングスマン誕生秘話を描く、超過激スパイ・アクションシリーズ待望の最新作。 最も過激なファースト・ミッションが始まる!

引用元:公式HP

キングスマン:ファースト・エージェントの感想&ネタバレ

あくまで管理人個人の感想、
ということをご理解の上、 ご覧ください<m(__)m>

あと、世界史で登場する史実や人物が多数出てくるので
調べれる範囲で、単語にwikiのリンク貼っておきますね。

1902年、イギリスが南アフリカで繰り広げたボーア戦争から物語は始まる。

幼いコンラッドの目の前で、母親が流れ弾に当たって死ぬ、という悲しいシーンを経て、時は流れて12年後、と急展開www

ボーア戦争のシーン、ホンマに必要やったか???

人を助けなきゃ、自分のことだけを考えずに

このセリフを幼いコンラッドに聞かせるためだけに必要としたシーンだったよね。

重要なフリのセリフではあるけど、
もっと他のシーンでの伝え方があっただろう、と思う冒頭のボーア戦争シーンだった。

で、第一次世界大戦

裏で糸引くのが、”羊飼い”を首領とする謎の軍団。
歴史上の悪い奴らはみんな、”羊飼い”の指示で動き、第一次世界大戦を誘発する。

なんとなく、ありそう、と思わせる設定には拍手しちゃいました。

第一次世界大戦の引き金となった暗殺者ガウリロ・プリンツィプも、
ロシアの怪僧グリゴリー・ラスプーチンも、
二重スパイだった高級娼婦マタ・ハリも、
ヒトラーのアドバイザーになるエリック・ヤン・ハヌッセンも、

みーんな”羊飼い”の指示で動いていた、ということ。
次の時代に続く、レーニンも、ヒトラーも…

世界を混乱に陥れる悪の秘密結社、みたいな設定が稚拙で、
でもスケールが大きすぎて稚拙に見せない設定がすばらしく思えました。

歴史上の人物それぞれが、重要な役割・意味を持つのだろうと思い見ていると、

「え?もう??」ってくらい案外早い段階で死んでしまったり(ラスプーチン)、
あっさりスパイ行為がバレて、殺された挙句、アジトがバレたり(マタ・ハリ)、

中盤戦は、理解が追いつくのが大変でした。

ラスプーチンのバトルシーン=ダンスシーンは、
本作での一番の見どころでしょうね!!

で、敵アジトでの対決シーン。

”羊飼い”のアジトが、これまたとんでもない断崖絶壁の上にあるんだけど、

敵アジトへの侵入の仕方にも、
外で大きな音がたったはずだろうに気づかない”羊飼い”たちにも、
本作で一番グロい”ゴロン”のシーンにも、

ツッコみたいところはたくさんあります。
劇場でぜひ、ツッコみまくってください!

で、
”羊飼い”との対決シーン。
最後は剣でやり合うんだけど、

このシーンは見ものでしたね。

特に剣目線の映像は斬新で、迫力がありました。

”羊飼い”が頭を丸めた彼だったのは、設定に無理を感じたけど・・・
まぁ、この映画は無理ばっかりだから仕方ないですねwww

第一次世界大戦のシーンでも色々ツッコみたいところはあったけど、
そこはみなさんが劇場で確認してください。

あきらかに、「1917」意識したシーンがあるよ~

そこを潜り抜けたのに、そんなとこで?!ってオチです。

 

最後にアドバイスを2つ。

1つは、『山羊の得意技は頭突き』というセリフは重要なセリフだよ、ということ。

2つめは、
”第一次世界大戦前後の世界史を、サラーっとでいいので復習しておいて!”

キングスマンの前2作品は見なくても大丈夫なので、
とにかく、世界史を復習してから見てください!!

とにかく、
第一次世界大戦のヨーロッパを皮肉ったパロディ映画、だと思って見た方が楽しめます。
楽しむためにも、世界史の復習だけは怠らずに!
世界史劇場第一次世界大戦の衝撃 臨場感あふれる解説で、楽しみながら歴史を“体感”で [ 神野正史 ]
created by Rinker

 

キングスマン:ファースト・エージェント 世間の感想

ネット上の感想です。

 

 

 

 

 

 

キングスマン:ファースト・エージェントは面白くない?まとめ

いかがでしたでしょう?

映画を見た、私の答えは

「キングスマン:ファースト・エージェント」は

まぁまぁおもしろかったです!

おススメ度 

 

前2作品をお気に入りの人には、ガジェットやドンパチが物足りなく感じるだろうし、

歴史モノが好きな人は、歴史上の人物が多数出てくるので、楽しいだろう。

いずれにしても、劇場で見ることをオススメします。
ドーンっ、て迫力は劇場スクリーンでしか味わえないですからね。

そして、劇場で見た人は、 ぜひ感想を教えてくださいね。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。
 
前作を見直したくなった人のために

キングスマン

キングスマン:ゴールデン・サークル

タイトルをクリックしてみてくださいね

 
 
ABOUT ME
和貴!
50歳を過ぎて毎日が楽しくて仕方なくなった、アラフィフ兼業主夫。 『音楽』『映画』『大河ドラマ』『読書』『食べること』『ディズニー』で充実した毎日を過ごしています。 同世代の人生を少しでも楽しくできればと思い、色々書かせてもろてます。